2010年 7月 の記事

7/28

暑い日が続いております。私の体も疲れとそこから生じる体の節々のコリでダウン寸前・・・という訳で先ほど5年ぶりに神の指先を持つマスター柳瀬にバッスバス針を打っていただきました。治療の最中からコリが解れてゆくのが分かるほどの的確な処置、やはり神の指先はご健在でした。マスターランクSSS。このランクトリプルSは私の中では神と同等の存在であり、私の造型の大師匠、マスター柳本もまたSSSでございます。先生元気かな~。評判の良い整体も行きましたが、どうしても外部から力で歪みを矯正するので数日で戻ってしまいます。針は経絡というツボの周りに存在するポイントを刺激し、内部から神経を通る気の流れを改善しますので本来あるべき神経内の電流や筋肉の位置、果ては骨の位置まで治す事が可能です。ヘルニアも治してしまう程の効能、その歴史は3000年を超えているらしいです、実に素晴らしい。5年前に過労とストレスで倒れ、後日顔面麻痺になり心身共に滅入っていた時に柳瀬針灸医院に出会いました。本当に治るのか不安でいっぱいだった私を優しい言葉と的確な治療で1ヶ月という短期間で完治していただきました。もとから西洋医学(投薬治療とか)より東洋医学に関心があった私は身をもってそれを体験し、本当に凄い先生に出会えた事に感謝したのでした。体の不調でお困りの方で興味のある方は御紹介します。さ~体も軽くなったので今日も1日頑張りましょう!

6月初旬 ヨースケ君 初WAXによるブローチ制作開始。

デザイン画を描いて来てもらいました。楕円形に平和の象徴であるハトを配置、下にはリーフ調の枝。大体のサイズと曲がり加減を確定して、いざ作業開始!

先ずは土台になる板を作ります。今回の作品はアールがついているので少し湾曲した形を削り出します。何気に時間のかかる作業ですが、これで全体のイメージが決まるので根気強く削ります。

WAXのプレートが完成したら余分なスペースを削り落として綺麗な楕円にします。次に油性マジックでデザインを描き込みます。描いては消してを繰り返し理想のバランスを追求します。思い通りの絵が描けたらいよいよ彫刻作業。作業中に擦れて絵が消えないようにケガキを使ってマジックのラインを彫ります。

全てのラインを彫りこの日は終了、お疲れ様でした。非常に良いペースです。このブローチ、完成品がかなり良い感じなんです☆ 続きは追々。

7/20

いよいよ夏真っ盛りになってきました。ここ2~3日は朝陽も夕焼けも真夏を告げるような陽射しですね。先日専門学校の同級生達と久しぶりに集まり、男だらけの同窓会をしたのですが、皆目標に向かって突っ走っているエネルギーがとても良い刺激になりました。やはり定期的にこういう集まり(討論等も含め)が今の自分には欠かせない原動力になっているな~と再確認。今日は朝9時から日本橋三越で研修なので少々寝不足(殆ど寝ていません)ですが、この朝日からパワーを吸収して水分もたっぷり補給しながら今日も一日頑張りたいと思います。みなさんも水分補給はしっかりしましょう!

5月下旬 タク君 初回体験の風景

指輪サイズ計測後、銀板を切って文字打ちをしてから指輪状に丸めている所。飲食店を数件統括しているタク君、料理も物作りだな~と思わせてくれる手際の良さでトントン作業を進めて行きます。

ロウ付けもバッチリ一発でクリアして、リューターで接合部分とリング全体の処理をしている所です。少し教えただけですぐにコツを掴むその要領の良さに驚きました。削る回転数と速度も完璧!

全体の処理を終えた後は研磨剤を使用しての磨き作業。『この方向に付いている細かい傷は逆にこっちの方向から当てると綺麗に取れるよ』と説明すると『なるほど』と一言、素晴らしい集中力で磨いていました。

そして今までの初回体験の最短記録で見事ピカピカのオリジナルリングを完成させました。

自分の名前と誕生日を刻印した世界に1つのリング、『これからコレが俺のIDだから(笑)』と、とても嬉しい事を言ってくれました。小中高と野球のキャッチャーをしていてかなり高い身体能力をもっているタク君。ゲームメイクの役割を果たすキャッチャーだった彼が今、飲食店の統括をしているのが頷けます。仕事上かなり多忙な中来てくれた事に感謝です。また暇があったら是非一緒に物作りを楽しみましょう!

7/5

埼玉県南部に大雨洪水警報! はい、ここ入間市は物凄い大雨です!間違いなく近所の川は氾濫してますね、先ほどから消防車のサイレンが鳴り止みません。数日前は凄まじい雷雨で家の近くに4~5回落雷し一瞬停電しました。その時パソコンで作業中だったのですが、2時間かけて作っていたデータも鮮やかな雷光と共に消えてしまう始末。『お~、やっぱり自然の前では人間なんてちっぽけなものだな・・・』とキッパリ諦めもつきます。そんなこんなでさっきは前回の二の舞を避けるため電子機器の電源を落とし、逆に大雨を利用してベランダをデッキブラシでゴシゴシ掃除しました。当然体もビショビショ。ですが普段は傘で雨から身を護っている私達には、たまにこうして肌で大雨を感じるのも良いのかもしれません。圧倒的な自然の力の中で無駄な事は一切考えず、ただ豪雨と戯れながら床を磨く。掃除が完了して魂も浄化されたように晴れやかな気分になれました。

5月下旬 ヤスヒロ君二回目 ワックスによる指輪制作の風景

最初にデザインを描いて思っている形を具体化して行きます。アトリエのストックの中から作品に合いそうな石を選び、今回は真ん中に大きなラブラドライトを入れることにしました。最初からワックスで石座(石が入る部分)を作るのは難しいと思ったので、後から地金で別パーツを作る方法を勧めました。

縦・横・厚み等の寸法を出してからケガキという道具を使ってワックスにラインを引きます。引いたラインは制作を進める上で終盤まで目安になる重要な部分なので、しっかりと寸法通りに引けるように慎重に作業します。中心や平行がズレていると完成した時に如実に現れてしまうので、この作業が一番の肝になります。残す部分と不要な部分を分かりやすくするため&全体のバランスを把握するために油性ペンで直接書き込んでから切削作業をします。

指輪の縦幅と横幅を決めていた寸法にピタリと削り合わせました。次回はワックスの完成を目指して頑張りましょう!という感じでこの日は終了。『早く次の作業がしたい!』と言ってくれるヤスヒロ君、僕もどうすれば効率が良い教え方なのか、要所に専門知識を入れながらも尚楽しく進められるか、日々研究して行きたいと思いますので、これからも宜しく!

7/3

今日はちょっと疲れた。なんだろう、全ては自分の中で解決しているのだけれど、怒りとも悲しみとも違うモヤモヤした気持ちが収まらない。もっと上手くやれたと反省する反面、これをやって何のメリットがあるの?と思う自分もいる。不思議と冷静だった自分に少しだけ寂しさを感じた。終電車の中いろいろと考えながら周囲を見渡すと皆泥のように眠っている。大口を開いて寝ているサラリーマン、足を投げ出して座っているOLさん、ドアに寄りかかって寝ている青年、人生ってこんなにも疲れるものなのかとふと思い、この人たちが現代日本を支えているんだと思うと、不思議と感謝の気持ちになった。そして、やりたい事を見つけ実行している自分はその事にもっと責任を持ち感謝しなければならないなと。黄金虫が飛んできて僕の鞄に着地した。4駅もの間そのままだったので下車したときに近くの空き地に放してやったら、大きなお世話だよ、とでも言うように颯爽と飛んでいった。小さな虫の4駅分ってどんな距離なんだろう。それでも同じ命、命に大小は無いと信じたい。

TOP

Profile

Ryota Maeno

1981年 埼玉県生まれ
日本デザイン専門学校工芸科卒業。
ヒコみづのジュエリーカレッジJD科卒業。

ストリートファッション系シルバーアクセサリーのブランドとしてemergeをスタート。
展示会などを通じて評判になり、数々のファッション雑誌等に掲載される。
原宿、中目黒のショップで販売を開始し、好評を得る。
有名ブランドと契約し、デザイナー、企画、原型制作などに携わりながら、emergeを展開。
今春、ゴールドや宝石を使用した、より上質でラグジュアリーなブランドへとシフト。
ストリートから芽生えた力強いセンスと長年の経験に鍛えられた繊細な技巧で、メンズ・レディスにとらわれない新しいスタイルを提案し、注目を集めている。
2010年3月、emergeの運営会社として株式会社スタウトを設立し、代表取締役を務める。