東北関東大震災から1ヶ月が経ちました。この震災で亡くなられた方、そのご遺族、被災者の方に心より哀悼の意を申し上げます。私自身、夢や希望を追い続けてこの10年を費やしてきました。当初の予定では4月中旬にネットショップのオープン、実店舗への設営などがありましたが、震災の影響を受け、少し遅れています。誰もが思うのは自分の事ですが、被災者の方を思うとそんな事は言っていられません。未だに終息の目途が立たない原発の問題や、行方不明者の事など、問題は多々あります。こんなふうに文章を書いている事自体、可笑しい事かもしれません。私のように何時か自分の店を持ちたいと何年も頑張ってきたて、店をオープンしてすぐに被災した人もいたでしょう。何十年もその土地で生活を仕事をして震災によって全てを奪われてしまった人もいたでしょう。幼い子供や、新婚の方、これから楽しい思い出を沢山作り、暖かい人生を送る人も。この震災以降色々考えていました。チャリティーアイテムを作ったらどうか?寄付のパーセンテージの妥当額は?赤十字とは何か?色々なホームページを見ました。チャリティーをうたって商売をする者、利益度外視で本気でチャリティーに参加する者、何をしたら良いか分からず悶々とする者。何が正しいのか、力の無い私は悶々とするしかありません。出来る事といったら、買い物をした時に出るおつりの小銭を募金箱に入れる事くらいで、あまりの自分の無力さに心が震えます。そんな自分でもただ1つだけ出来る事と言えば、今までと同じように生活を送る事。10億とか100億とか寄付をした方もいるようですが、私達個人が各自で出来る事をすればいいのだと、心から思ったのです。今月末にはネットショップをオープンさせます。来月中旬には実店舗に商品を置きます。今まで通り、やってきた事を全力でやるだけです。極力チャリティーはうたいません。自分の持っている力で、出来る限りの事を長期的にやって行きたい。その思いを実行力として継続して行けるように、頑張ります。